とても助かった消費者金融

まだ若いころの話です。本当に貧乏な時期がありました。その時は彼氏と同棲していたのですが、二人ともまだアルバイトでした。
そして同棲し始めて、初めての冬。その年はすごく寒かったのを覚えています。

 

当時借りていたアパートにはエアコンがついてなく、夏はどうにか乗り切ったのですが、冬は寒くて仕方ありませんでした。職場から家に帰るのが嫌だったくらいです(笑)もちろんエアコン以外のほかの暖房器具もありません。

 

そして、とうとう我慢できなくなり、大手家電量販店へ暖房を見に行きました。ちょっとしたヒーター位なら、一万ちょっと出せば買えますよね?そのお金すらなかったのです…。買いたくても買えない。暖房器具の前でずっと迷っていました。そして、そのまま帰宅し、彼氏に相談しました。

 

結果は「お金を借りよう」という事になりました。私はそんな考え、頭の中に一つもなかったので、正直戸惑いました。しかし、この冬をこのまま過ごすのは生き地獄です。しょうがなく借りることになりました。借りたのは大手消費者金融のプロミスです。

 

とりあえず、暖房器具が欲しかったので、2万円借りることにしました。二人ともアルバイトだし、貸してくれるのかな?と不安でしたが、なんとか審査もとおり、お金を無事借りることができました。そしてそのままお店に行って、暖房を買うことができました。

 

家に帰って、初めて暖房をつけた時の暖かさ…。身に染みて幸せを感じました。あれ以来、消費者金融にはお世話になっていませんが、本当にあの時は助かりました。